よくあるご質問

FAQ

売却について

不動産を売却するには、まず何をすればいいですか?

先ずは、お手持ちの不動産がいくらで売れるのか知るために不動産会社による査定を受けましょう。LIXIL不動産ショップのスマイリーホーム株式会社では、不動産の無料査定を承っておりますので、お気軽にご相談ください。

不動産売却の販売活動は有料ですか?

仲介手数料以外は基本的に無料です。但し、お客様のご要望によって特別な広告などを出す必要がある場合は別途請求させていただくこともありますのでご確認ください。

査定ではどのようにして金額を出すのでしょうか?

最初に、周辺の不動産の価格や地域の法規制、条例などを考慮した上で大まかな査定額を出します。次に、実際に現地を見せていただいて不動産の状態、日当たりや風通し、周辺の環境などを確認して、細かな査定額を算出しております。

不動産査定を受けたら売却は強制ですか?

査定はあくまでも参考としてお出しし、実際に売却するかどうかはお客様にご判断いただきます。売却を強制されるようなことはありませんので、ご安心して相談ください。

査定額が変わることはありますか?

査定額はあくまで参考になりますので、実際に売却するとなると多少の変化はあるかもしれません。但し、当店ではさまざまな方向性から精査して査定を行いますので、相場に合った正確な価格をお出しできるかと思います。

不動産売却が成立してから、実際に支払いが発生するのはいつ頃ですか?

契約時と引き渡し時の2回に分けて支払われるのが一般的です。契約時には手付金を、引き渡し時に残りの金額が支払われます。

不動産売却ではどんな費用が発生するのでしょうか?

不動産会社に対して支払う仲介手数料のほか、実際に売却できた場合は売買契約書に貼る印紙代が必要になります。また、司法書士への依頼が発生する場合は報酬も支払う必要がありますし、不動産の売却額によっては税金が発生する場合もあります。ご不明でしたらご相談下さい。

近所に知られずに不動産を売却することはできますか?

個人情報(プライバシー)には十分配慮しますので、ご安心ください。ご近所の方に売却を知られたくない場合は、チラシ広告やポスティングといった宣伝活動を行わないなど、ご希望に合わせた対応をしています。

不動産売却の際の契約には、どんな種類がありますか?

不動産を売却する際には「専属専任媒介契約」「専任媒介契約」「一般媒介契約」の3種類から選ぶことになります。選択する契約によって売却活動の内容も変わりますので、予め販売方針を決めておきましょう。

不動産売却の際の販売活動にはどんなものがありますか?

インターネットへの掲載から、近隣への折り込みやポスティングなど、売主様のご要望に合わせた活動を行います。もちろん、近隣に知られたくないといったご要望にもお応えできます。

不動産を売却する際には、事前にリフォームする必要がありますか?

リフォームによって価格が上がったり売りやすくなったりすることはありますが、必ずしもリフォームが必要なわけではありません。リフォーム費用と希望する売値を算出して、より理想に近い方法をお選びください。

住まいを売却する際は、事前に退去しないといけませんか?

売却活動をする方の大部分はそのまま住みながら活動を行っています。購入希望の方への対応を考えておく必要がありますが、事前に退去する必要はありません。

不動産を高く売却するにはどうすれば良いですか?

高条件で不動産を購入してくれる購入者を見つけることが第一です。その為に、お客様の希望や不動産の条件に合わせた最適な売却活動を行う必要があります。

現在の住まいを売却して、新しい住まいを購入する場合、注意する点はありますか?

新居を購入するタイミングと売却のタイミングがずれてしまうと、せっかく売れても住まいから退去できなかったり、入居してもしばらく売却できない状態が続いてしまったりと不都合が起こります。不動産会社としっかり連携を取って売却活動を行いましょう。

不動産を販売する時に結ぶ「媒介契約」にはどのような種類がありますか?

媒介契約には「一般媒介」・「専任媒介」・「専属専任媒介」の3種類があります。
「一般媒介」は複数の会社と媒介契約を結べますが、仲介会社の報告義務がありません。販売状況の確認などは自ら行う必要があります。
一方で「専属専任」・「専任媒介」は、媒介を依頼した業者以外への依頼はできませんが、報告義務などの責任が仲介会社に発生しますので、販売状況の確認などをする必要がなくなります。
なお、「専任媒介」と「専属専任」の違いはその報告内容などのほか、自ら買主を探すことにおいて「専任媒介」は可能ですが、「専属専任媒介」では不可であるという点もあります。

購入について

不動産購入時の諸費用はどのくらいかかりますか?

売買代金のほかにかかる諸費用としては、印紙税、登録免許税、不動産取得税等の税金などのほか、ローンを利用する場合の事務手数料、保証料、保険料など、また、中古物件などでは仲介手数料もかかります。
一般的に新築物件の場合は、物件価格の3~7%くらい、また中古物件の場合は、物件価格の6~10%くらいを目安とするとよいでしょう。ほかにも引越し代等も見込んでおく必要があります。

駅からの徒歩時間はどのような基準で決めているのでしょうか?

不動産表示では徒歩による所要時間をを「 80m = 1分 」と定めています。
道路距離80メートル毎に1分と換算し、1分未満の端数は切り上げて表示するよう定められています。
例えば、道路距離1000mの場合、1000m÷80=12.5なので0.5を切り上げて徒歩時間は、「徒歩13分」となります。

広さの単位はどのように見れば良いのでしょうか?

1坪=2畳(帖)≒3.3平米という関係になります。○平米×0.3025=○坪 という計算をよく行います。

間取図で表示されている記号の意味は何でしょうか?

L→リビング、D→ダイニング、K→キッチン、S→サービスルーム、P.S→パイプスペース、UB→ユニットバス、MB→メーターボックス

頭金(自己資金)はどのくらい必要ですか?

一般的には物件価格の10%~20%程度と言われています。
費用は物件購入以外にも、税金やローンの事務手数料、家具・家財の購入費用、引越し費用などが必要となりますので、頭金の額の検討には注意する必要があります。

坪単価はどのように出しているのでしょうか?

売買価格を物件の坪数(面積)で割った結果のことです。

売買価格2,500万円、面積50平米の場合だと下記のようになります。

25,000,000÷50=500,000(平米当り)
500,000×3.3=1,650,000(坪当り) ⇒ 坪単価

まだ購入したい物件が決定していませんが、相談のみでもいいですか?

相談のみでも問題ありません。
特に、初めて不動産を購入する場合は、どの程度の物件を自分で購入できるか、購入する最もいいタイミングはいつか、不動産を購入するためにはどのようなことが必要か、などというような疑問や不安が多くあるでしょう。

このような不安に対して当社は丁寧にご説明させていただき、一人ひとりのお客様のライフプラン・ライフスタイルに応じた購入プランをご提案します。

相談した後は、手続きがどのようになりますか?

ご興味のある物件があれば、現地をご案内します。

購入することを決定された場合は、購入するための申込み手続きになります。
購入を希望される条件や価格などを、お客様がより良い条件で購入できるよう積極的に交渉します。

購入する住宅のリフォームも行ってくれますか?

リフォームも対応しています。
住宅を購入する際にリフォームを行うことによって、住宅を購入してからリフォームを別に行うよりも費用・手間・融資において有利になります。是非ご相談下さい。

相談すると費用がかかるのでしょうか?

ご相談は無料で、購入する住宅が実際に決定して、購入の売買契約を売主様と締結すれば仲介手数料が発生致します。購入を相談した後に止めても費用はかかりません。

不動産売却

不動産売却の流れ

不動産買取

所有する不動産を早く売りたい方へ

不動産購入

不動産物件情報を検索

札幌でマンション売却、戸建て売却、土地売却の不動産売買は、LIXIL不動産ショップ スマイリーホーム株式会社までご連絡下さい。不動産の購入から不動産売却、不動産買取りまで無料にて相談を承っております。