札幌市の戸建て売却価格相場、売却方法

札幌市のみならず、住宅ローンが残っている戸建て物件を売却したいという方は少なくありません。住宅ローンを完済する前に現在住んでいる家を売却して、新しい住まいを購入するケースや、諸事情により住宅ローンが残ったまま家を手放さなければならないケースなど、理由は多種多様です。また、住宅ローンが残ったまま戸建を売却できるのかと不安に思う方もいらっしゃるでしょう。そのように悩まれておられる方へ、住宅ローンが残った状態でも戸建て売却はできます。

 

但し、それなりの対処や手続きとともに費用が必要です。下記内容では、札幌市で戸建て売却のご相談を承っているLIXIL不動産ショップ スマイリーホーム株式会社が、住宅ローンが残った状態で戸建て売却する方法や札幌市の戸建て物件の価格相場についてご紹介いたします。

住宅ローンが残っている物件を

売却する方法

不動産売却する方法

住宅ローンが残っている物件を売却する際には、「抵当権」を抹消する必要があります。先ずは抵当権についてご説明します。不動産を購入する際、多くの方は金融機関で住宅ローンを組みますが、金融機関で高額なお金を借りる時は「担保」が必要です。住宅ローンでは、購入予定の不動産を担保としてお金を借りる仕組みとなっています。

金融機関は、担保となる不動産に「抵当権」を設定します。抵当権とは住宅ローンの返済ができなくなった場合、不動産を競売にかけて売却した代金から住宅ローンの返済金を回収する権利です。

抵当権は住宅ローンが残っている限り、その物件に付けられたままになります。住宅ローンの返済が滞った場合に住宅が競売にかけられてしまう恐れがある為、抵当権が残ったまま物件を売却することは不可能と言えるでしょう。

住宅をスムーズに売却する際には、この抵当権を抹消する必要があります。しかし抵当権を抹消するには、住宅ローンを完済することが条件です。住宅ローンが残っている場合はどうすれば良いのでしょうか。

この場合は、物件を売却した代金を残りの住宅ローン返済に充てて完済することで、抵当権を抹消することが可能です。但し、売却しても住宅ローンを完済できなかった場合は、不足分を自己資金又はフリーローンなどで補うことになります。尚、不動産を買い替えるために物件を売却することをお考えなら、「買い替えローン」を利用するのも一つの方法です。

札幌市の一戸建て売却の相場

札幌で不動産査定ならLIXIL不動産ショップスマイリーホーム

札幌市は道内行政の核を担い、政治や経済、文化や学術の中心地となります。公共交通機関の利便性に優れ、商業施設などが豊富なことから人気が高く、これに伴い地価を押し上げてきました。もちろん住宅の成約数でも北海道内で圧倒しています。

新築同様の築浅物件が20%以上も増加しているのに対し、築40年ほどの古い物件が減少している為、査定相場を上昇させています。

道内外から人口が流入することから、今後も高い住宅需要が維持されると見込まれています。

住宅産業新聞(1047号)データ
住宅産業新聞 2020年1月~11月の物件データ

中古戸建ての平均価格は2,300万円台を超えており、マンション・土地と比べても伸び率が好調と言えます。

物件内容と立地、市場などによって不動産価格は常時変動していきますが、ここ最近の売却価格の数位をみていくと、戸建て売却をご検討されている方はお早めにご決断された方が良いかもしれません。

札幌市の戸建て売却で

不動産会社をお探しなら

LIXIL不動産ショップ スマイリーホーム(株)

札幌でマンション売却・戸建て売却・土地売却については

LIXIL不動産ショップ スマイリーホーム(株)まで

ご相談下さい!

札幌市で不動産売却のご相談なら

札幌市で不動産売却をお考えの方へ

不動産売却

不動産売却の流れ

不動産買取

所有する不動産を早く売りたい方へ

不動産購入

不動産物件情報を検索

札幌でマンション売却、戸建て売却、土地売却の不動産売買は、LIXIL不動産ショップ スマイリーホーム株式会社までご連絡下さい。不動産の購入から不動産売却、不動産買取りまで無料にて相談を承っております。